美脚のためには美尻

遅くなりました・・・が!今日も更新できました! 
では、今日の体操はコチラ!
美尻からの美脚!目指せ!
 
【凛躯のはんなり健康体操~ヒップアップ~】
①脚を前後にずらして立つ(後ろ足のつま先が、前足のかかとくらい)

②後ろ足の膝が前に出ないように、かかとをお尻へゆっくり

③みたいに後ろ足の膝が前に出るのはエヌジー

これを朝、寝る前に5~10回♪
レッツはんなり\(^-^)/ ※数字は写真の枚数。何枚目の説明か。
※インスタでは、『linkのはんなり健康体操』 で見つけられるようにハッシュタグつけてます♪
 
かかとを(イメージですが)出来るだけ遠回りさせてお尻に近づけて・・・さらに最後、一押しすると良いですよ♪
。かっこよく!美しく!健康になりましょう☆

◆他にこんなメディアでも美容や健康の情報発信しています◆
ホットペッパービューティー⇒リバウンドさせない整体士のほぼ日日記  
インスタグラム(健康情報は夜の19~21時の間の投稿のみ)⇒ヨーゼフの食べスタグラム

姿勢良くなるようバンザイ

今後のブログはもう少し・・・といっても少しずつですが、いろんなものを発信できるように頑張ろう・・・と思ってます(^-^;
 
気長に見守ってください(^-^;
 
では、今日の体操はコチラ!
姿勢よくなるようにバンザイ!良くなってバンザイ!
 
【凛躯のはんなり健康体操~姿勢改善~】
①中腰で、応援のポーズ

②そのまま、胸を張りながら、腕をばんざい!

③みたいに背中が丸まらないように。目線は前!

これを朝、寝る前に5~10回♪
レッツはんなり\(^-^)/ ※数字は写真の枚数。何枚目の説明か。
※インスタでは、『linkのはんなり健康体操』 で見つけられるようにハッシュタグつけてます♪
。 
しっかり肩胛骨から動かすと肩こりにもききますよ!
かっこよく!美しく!健康になりましょう☆

◆他にこんなメディアでも美容や健康の情報発信しています◆
ホットペッパービューティー⇒リバウンドさせない整体士のほぼ日日記  
インスタグラム(健康情報は夜の19~21時の間の投稿のみ)⇒ヨーゼフの食べスタグラム

手を胸を開いて肩こりサヨナラ

はい!今日もこの時間!

今日は肩こり!
肩胛骨を動かして美しい姿勢や肩こりの緩和に役立つ運動です! 
【凛躯のはんなり健康体操~肩こり~】
①正座で座り、両手のひらを上へ。(お皿を乗せる感じ)

②肘は体側(体の横)につけたまま、開く

③肩が挙がらないように目一杯開く。肩が挙がらないのが重要!

できればカラダの真横、それより後ろまで・・・

④こんな感じで肩が挙がったり、左右バラバラはダメ!

⑤肩胛骨がしっかり動くように

しっかりと肩胛骨が動くのを意識してくださいね。
動くのは最後です!最初から動くのもダメ(^-^;

これを朝、寝る前5~10回♪
レッツはんなり\(^-^)/ ※数字は写真の枚数。何枚目の説明か。
※今後は、『linkのはんなり健康体操』 で見つけられるようにハッシュタグつけてます♪
それでは明日以降も、お楽しみに!

◆他にこんなメディアでも美容や健康の情報発信しています◆
ホットペッパービューティー⇒リバウンドさせない整体士のほぼ日日記  
インスタグラム(健康情報は夜の19~21時の間の投稿のみ)⇒ヨーゼフの食べスタグラム

基準を知る!

ダイエットや健康を保つために大事なこと・・・それは、
 
『基準を知る!』
 
これが大事です。
自分の調子のいい時はたとえば、体重はどうなのか?睡眠時間は?水分の摂取は?など。

まぁ、いろんな項目がありますが、なんとなく、こういう状態の時は調子がいい!というのを覚えておくと健康にいられます(*^▽^*)
 
たとえば・・・駅まで歩いて10分というのが調子がいいサイン!とかもなんとなくわかっているといいかもしれませんね☆
 
自分基準、なにか持ってみてはいかがでしょう?
 
それでは!今日も素敵な一日を♪
 
◆他にこんなメディアでも美容や健康の情報発信しています◆
ホットペッパービューティー⇒リバウンドさせない整体士のほぼ日日記  
無料メルマガ⇒モデルを指導するトレーナーが教える本当の美容健康法 
Facebookページ⇒はんなりビューティーサロン凛躯のページ

人間は機械じゃない

人間は機械じゃない!

そう聞くと、当たり前だ!と思うでしょう。でも、じゃあ、何が違うのか?
 聞かれたら・・・実は明確に答えるのは難しいです(^-^;
 
って・・・まぁ、そんな話がしたいんじゃなく・・・
 
人間は機械ではないので、物理もそのままは当てはまりません。
たとえば、力を生み出すのにも質量が必要ですが、機械だとよっぽどでない限り質量が大きければパワーは強いですが、人間はバランスがうまく取れないとすぐに弱くなります。
 
野球などスポーツで筋トレは必要かどうか?みたいな議論も巻き起こりますが、結論がすぐに出ないのは、質量や出力を増やしても、パワーに結びつくか分からないからという点も大きいんです。
 
自分のようなトレーナーや整体師はそれを有効に使ってパフォーマンスやケガを防ぐ助力をしています。
 
トレーにニングの効率が良くない、うまくいかない・・・そんな悩みの時はお近くの専門家に相談してみると良いかもしれませんね(*^▽^*)
 
それでは!今日も素敵な一日を♪
 
◆他にこんなメディアでも美容や健康の情報発信しています◆
ホットペッパービューティー⇒リバウンドさせない整体士のほぼ日日記  
無料メルマガ⇒モデルを指導するトレーナーが教える本当の美容健康法 
Facebookページ⇒はんなりビューティーサロン凛躯のページ