意識で変わる体

少し、更新が空いてしまい、申し訳ありません(^-^;
 
さて・・・今日の話。
 
人間の体は面白いもので意識で変わります。
 
ウソだ~と思うかもしれませんが、本当です。
 
ひとつ実験。
 
『腕に重たいものを・・・買い物袋を持っているイメージをして、3秒後、腕を挙げてください。』
 
次に

『腕を・・・肘くらいから上に引っ張り上げられている感じでイメージして、3秒後、腕を挙げてください。』
 
どうでしょう?
後の方が腕が軽く感じたと思います。
当然、モノの10秒くらい。腕の重さは変わりません。
が、イメージで変わってしまうんです。
 
普段の肩こりや腰痛、ダイエットができないとかも・・・もしかしたらそれが良くならないイメージをもってしまっているのかも?
 
改善のために、空を見上げて、何も考えない時間を増やしてみてください☆
それだけでも少し、改善するかもしれませんよ(*^▽^*)
 
それでは今日も良い一日を!
 

 ◆他にこんなメディアでも美容や健康の情報発信しています◆
アメブロ⇒リバウンドしない整体士が伝える美容健康法
ホットペッパービューティー⇒リバウンドさせない整体士のほぼ日日記  
無料メルマガ(今夜配信)⇒モデルを指導するトレーナーが教える本当の美容健康法 
Facebookページ⇒はんなりビューティーサロン凛躯のページ

肩こりって放っておいていいの?

こんにちは!
今日も京都はいい天気ですね(^^)/
 
さて、皆さん、肩こりはありますか?
 
     いやいや、そんなのみんなあるでしょ?( 一一)
 
って思った方、、、ナイナイナイ!そんなの無いですよ。
もちろん、肩こりある人は多いですけど。
 
でも、仮に98%の人が肩こりだとしましょう(実際はそんなことないですが・・・)
 
     98%の人が肩こりだから大丈夫!
 
とはなりません。絶対。
理由はたくさんありますが、肩こりは誰でも起こしやすいものですが、結構厄介なものなのです。
 
たとえば、むくみ、頭痛、手のしびれ・・・などなど様々な症状の前兆として現れることもあるんです。
つまり、放っておけば、それらの症状にもなっていくということです。
これって結構しんどいですよね?
 
かんたんに挙げただけではなく、他にもたるみとか、しわの原因になったり。
まだまだ挙げればキリがないのですが、こういう症状のサインとして出ていることも少なくないです。

肩こりっていうのはあくまで症状としての全体の呼び名?なので。
同じ肩こりでも症状は別で、まとめて『肩こり』と呼んでいることも多いんです。
 
たかだか肩こり・・・だけど、肩こり以上のしんどい症状を引き起こさないように気をつけましょう!

しんどい症状・・・そうなる前に肩こりを解消しませんか?
たかが肩こり・・・て言っていられるうちに。
 
はんなりビューティーサロン凛躯ではアナタの肩こりの原因を探し、それらを解消する最善の手をサポート、提案させて頂いてますよ(^^)/
 
それでは今日も素敵な一日を!
ブログ画像

空き時間が分かりやすくなりました☆

おはようございます!
 
実は今月から・・・ホットペッパービューティーさんに掲載されています。こっそり。
 
まぁ、それはどうでもいいのですが・・・
ホットペッパービューティーさんのページ⇒http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000365027/

からならご予約状況まで見られるようになったのです!
しかも24時間いつでも確認できる!
便利!(*^▽^*)
 
別にホットペッパービューティーさんを無理に使う必要はないですが、少し便利になったので、ご周知頂けると嬉しいです(^^)/
 
それでは今日も素敵な一日を☆
 
ホットペッパービューティーさんのページ⇒http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000365027/lo

【筋力トレ―二ングの必要性】

お客様からの問合せがありました。

『筋力トレーニング(以下、筋トレ)って必要ですか?』
 
最初、なんでいきなりこの質問が来たのか?不思議でしたが、トップアスリート2人が違うことを言っていたみたいですね(^-^;
 
奇しくも同じメジャーリーガーのイチロー選手とダルビッシュ選手が。
 
イチロー選手のスタンスは

『筋トレなんか必要ない。無理に筋肉を大きくするからケガをする。野生動物は筋トレなんてしないでしょ。』
とのもの。
 
また、ダルビッシュ選手は

『(筋トレは必要)。180km/hしかスピード出せない車が180km/h出すのと、250km/h出せる車が180km/h出すのでは余裕が違うでしょ。』
みたいなこと。
 
どちらも、ナルホド!って思ったそうで。でもよくよく考えると・・・で、結局どやねん!と気になってご質問くださったそうです♪

結論というとあれですが・・・、凛躯(りんく)のスタンスとしては、

『(体を大きくする)筋トレは必要ない。』

です。理由は単純。ケガをはじめ、体を不調にする確率が大きくなるから。
どちらももっと説明したいこともあるだろうけど、一部を切り取っているせいか??どちらも無理があるんですね。

イチロー選手の場合、
『無理に筋肉を大きくするからケガをする。』
というのはその通りだと思いますが、野生動物が筋トレしないってのはどうかなって。
たしかに野生動物が筋トレしているところを見たことないです(^-^;

そこじゃなくて、問題は人の方。
現代人はそもそも野生動物に比べ、運動不足なんです。 
エレベーターあり、エスカレーターあり、車あり、電車あり。
さらに仕事も歩き回る仕事が少なくなって・・・

“運動不足なんです!野生動物と違って!”

だから、すべての人に筋トレが不要・・・とはならないです。
まぁ、イチロー選手も野球選手に・・・という範囲での受け答えだったそうですが(;・∀・)

さて、ダルビッシュ選手。

筋トレで車(だったと思う)での例えを出していました。それは・・・そうだと思う。

けど!

筋トレしないとスピードが出ない。これは・・・

思い込み!

です。
筋肉が大きくなってもスピードが上がるとは限りません。
たとえば、ダルビッシュと全く同じ体格の人がいたとして、同じスピードは出ませんよね?
これは同じプロの投手同士で比べてもそうです。
実際どうなのか??

スピードの速かった投手で見てみましょう。

171km/h アロルディス・チャップマン 193cm 97.5kg
165km/h ランディ・ジョンソン 208cm 102kg
163km/h バートロ・コローン 180cm 129kg

日本では
158km/h? 尾崎行雄 176cm 83kg
158km/h 伊良部秀樹 193cm 108kg
155km/h 藤川球児 184cm 86kg

どうでしょう?

人類史上最速、171km/hを記録したとされるアロルディス・チャップマンはダルビッシュ選手より身長も体重も低いです。

つまり、

『筋肉を大きくする=スピードが出る』ではない

んです。
まぁ当たり前ですよね。

だから、『凛躯(りんく)としては(体を大きくする)筋トレは必要ない』のスタンスなんです。

特に、一般の人は『運動不足を解消するための筋トレは必要』ですが、それ以上は特に必要ないです。

あ、これはあくまで健康や美容に関しての話です。

マッチョになりたいなら必要ですから(^-^;あとは体同士がぶつかり合うスポーツの場合、それもまた別の話になってきます。
 
筋トレで体を大きくするより、まずは自分の体をきちんと理解し、使えるようにしましょう(^^)/